前へ
次へ

教育で悩むことといえば学校選び

子供の教育について悩むことといえば、学校選びです。
特に、地元の公立学校に通わせるか私立や国立に通わせるかということで悩むことが多いように思います。
それぞれに長所があります。
地元の公立学校ならば、家の近い友達がたくさんできること、地域で行うさまざまな活動に参加することで協調性が身に付くという利点があります。
ひと昔前に比べ、公立学校も各学校ごとに特色を打ち出すようになってきています。
また、私立学校は公立学校と比べると、より多様な特色ある学校づくりを行っている傾向にあります。
学習面だけでなく、生活面の指導が徹底されていたり、芸術や運動など、さまざまな分野について特別なカリキュラムがある学校もあります。
最近では、小学校は公立で、中学校から私立や国立に行くという選択をする人がふえている傾向にありますが、やはり学力面、とくに大学入試を踏まえてのことでしょう。
高校入試がないぶん、比較的学習進度が速く、大学入試で有利ということが言えます。
大切なのは、人に流されないことです。
自分の子供のことをよく観察して、どのような学校に向いているか考えることが大切です。
何を重視するかを考えて学校を選ぶのがよいでしょう。

Page Top